完璧主義は運を上げる?下げる?-トレバー占星術・公式サイト

完璧主義は運を上げる?下げる?

先日、ある経営者のクライアントと
こんな話になりました。

「完璧主義ってどうなのさ」と。

その方、すでに、売上規模でいうと
50億に迫るような方です。

そんな方も、やっぱり自分自身、
そして、部下の方と話をする内容は
そんなに変わらないんだなと。

人の悩みって共通するんだなあと
しみじみ思いました。

ということで、今日は「完璧主義」について
考えてみたいと思います。

完璧主義ってすごく難しいですよね。

ある本には、完璧を目指そうって書いてあるのに
ある人は、完璧主義はダメって言っていたり、

いったいどっちを信じればいいんだと(笑)

わかりますその気持ち。
世の中にはそういう矛盾にあふれた表現って
たくさんありますからね。

でね。

まず、この完璧主義について話をする前に
ちょっと抑えておいて欲しいことがあります。

それは、

「何事も極端に考えてはダメ」ってこと。

たとえば、「人に優しくしましょう」

これって、正しいと思いますよね。疑いもなく。
でもね、これで人がダメになることもあるんです。

もちろん、傷ついて、心が弱っている時
また、運勢的に繊細な人に鞭を打つのは絶対NG。

優しく包み込むように接しないと
その人は潰れてしまいます。

だからこそ、優しく接することが重要。

でもね、(この経営者の方も言ってましたが)
優しいだけっていうのもこれも間違いなのです。

優しいだけだと、心の隙間に
「この人は怒らないんだ」って怠慢ができる。

すると、知らぬうちに、仕事や私生活に
だらしのないところが出てくるのです。

結果、相手が損をするようなことが起こりやすく
なるんですね。

特に営業部隊のトップなんかやっていると
優しいだけだと、部下が怠けて
最悪お客様に迷惑をかけてしまいます。

だから、「やさしさ」とは、反対の
「厳しさ」も必要になってくる。

まとめると「ひとにやさしく」っていう
絶対に正しいように思える。

そんなものも、行き過ぎちゃうと、逆効果になることも
あるんだよってことなんです。

これを元に先ほどの「完璧主義」を
考えてみましょう。

何かを取り組むときに「完璧を目指す」という姿勢。
これはとても大切です。

できないことをできるようにするために
一つ一つを丁寧にこなし努力すること。
完璧を目指すこと。これはすごく大切です。

お医者さまが「まあこれくらいでいいだろう」って
姿勢だと、ちょっと怖いでしょ(笑)

同じように、どんなことでも、
完璧を目指すというのは、人の成長を促しますから
もっと上を目指したい人は絶対に必要になります。

できてないことを見つけて、
改善を加える。

もっと良くできないか?
もっと楽にできないか?
もっとたくさんできないか?

そんな風に、改良を重ねてこそ、
磨かれていくわけですよね。

成長させるためには完璧主義が必要。
これに間違いはありません。

しかし、一方で完璧主義も行き過ぎると
こんなデメリットもあります。

例えば、ダイエットのために水泳を始めたとします。
目標は、1ヶ月で5キロのダイエット。

自分としては完璧なスケジュール
完璧なトレーニング量をこなして来ました。

けれど、目標の5キロダイエットには届かなかった。。。

「ああ、、、私ってなんてダメなんだろう」
「自分はこんなことも完璧にできないのか。。。」

こうなってしまう完璧主義は
持たない方がいいのです。

繰り返しますが、成長のために完璧主義を
自分自身に課すのは間違いではありません。

とはいっても、始めはみんな失敗するのです。

そんなにうまくいかないし、望み通りの
結果を得られるわけではないのです。

みんなができている。でも自分はできていない。
これってすごく落ち込みますよね。

これと同時に、自分が決めたことをできなかった時も
人はすごく傷つきます。

そして、その努力は無駄だと勘違いして
やめてしまう。

つまり、完璧じゃないから
もうやめよってなってしまうのです。

これは、行き過ぎた完璧主義が
悪い形で作用した例かもしれませんね。

人は失敗するもの。

完璧を目指すのは必要だけど
そもそも人は完璧ではありません。

完璧じゃないから成長できるのですね。

にもかかわらず、完璧じゃない自分を嘆いて
努力することが無駄に思えたら
黄色信号です。

完璧って目指すものではあるけれど
手に入れるものではないのです。

冷静に考えてください。

ゼロだった人が完璧を求めた。

結果、100にはなれなかったけど
50にはなれた。

それだけで立派な成長です。
その人は変わっているのです。

それを喜ぶこともせずに
「ああ、100まで届かなかった。。。」
っていうのは間違いですよってことなんです。

そんなふうにネガティブに考えていると
運がどんどん下がってしまいます。

完璧じゃない自分を認めつつ
でも少しでも完璧に近づこうと努力する

その姿勢が一番大切なんですね。

運がいい人ってこの辺り上手に
楽天的なんですね。

自分の限界を良い意味で知っている。
無理をしないで、できた自分を褒めてあげている。

そういう人がどんどん階段を登って行きます。

完璧にならなかったとしても
足を動かしていく、努力を重ねていけば
間違いなく今とは違う場所へ辿り着けます。

次のステージに進んでいけるのです。

完璧主義というのは姿勢としては正しいと思うんです。

しかし、完璧を望み過ぎて、完璧じゃない自分を
嘆くようになると負け。運が下がります。

できたところを褒めてあげましょう。
少しでも上がった成果を認めてあげましょう。

その繰り返しで、運はどんどん上がっていくのです。

結果というのは自分の努力以外にも
運や環境など、いろんな要素が絡んできます。

だから、完璧な結果を求めつつ
それに固執しない姿勢が、一番バランスがいいと思いますよ。

自分を受け入れてあげてくださいね。


無料占い鑑定はこちら

取材、執筆、講演依頼はこちら

取材、執筆、講演等のご依頼をご希望の方は お問合せフォーム よりお気軽にお問合せください。折り返し担当者・松田よりご連絡させて頂きます。

メニュー

サイト情報

運営者情報

  • はじめまして、当サイト運営責任者の長田でございます。
    トレバー先生がたった一人でトレバー占星術の活動されて約8年、私がお手伝いさせていただき早5年以上経ちましたが、すでに45000名以上の方に鑑定のご依頼を頂きました。
    多くの方のお手伝いができていること、運営者の立場としても大変うれしく思っております。
    今後も一人での多くの方に人生の希望を届けられるよう、トレバー先生とともに精進してまいる所存でおります。

リンク




掲載の記事や写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。